Ten治療院の施術は

血液デトックス のためのプログラムです

 

日本古来の言葉である「やまとことば」では

血も霊も「ち」と呼び、

血液は『霊魂の媒体』と理解していました

 

東洋医学・アーユルヴェーダ・波動療法で

血液を浄化することが

肉体だけでなく心・魂の浄化となり、

心身は健全を取り戻すのです

 

東洋医学・アーユルヴェーダ・波動療法の説明
東洋医学・アーユルヴェーダ・波動療法の説明
Step1 身体の状態を診る
 

当院の施術は東洋医学的な所見だけでなく、鍼灸治療によるアーユルヴェーダのドーシャ(身体のエネルギー)へのアプローチと、オイル療法によるスロータス(血管など体内を繋ぐ管)の浄化を適切に行えるよう、切診=脈診・舌診・腹診・触診を行い、お身体の状態を把握していきます。

病気になる背景には必ず心(意識)が関わっているからこそ、心や感情を置き去りにしない治療を心掛けています。

さらに、当院ではKTS-PRO波動測定によるカウンセリングも可能。心や感情、潜在意識の情報や、毒素・経絡・チャクラ・DNA情報・天体などからの影響まで詳細に読み解くことができます。

step2 脳機能の活性化
 

『脳』へダイレクトにアプローチする【YNSA(山元式新頭針療法)】から施術を開始します。

身体の緊張や痛みなどが慢性化することで、脳は良くも悪くも同じパターンを繰り返す習性があるため、

これまで脳に刻まれたネガティブなパターンを【YNSA(山元式新頭針療法)】であらかじめ解除させるよう施し、快適な状態という新しいパターンを受け入れやすくします。

step3 内臓機能の回復
 

身体の細胞を作る材料は血液であり、血液の質は身体の質を左右します。

その血液の質を高めるには、内臓機能の働きを低下させないことが大切です。

腹部には、腹が立つ・腹を決める・腹黒いなど感情や心の状態を示す言葉があるように、東洋医学では『感情の乱れが内臓機能に悪影響を及ぼす』と考えます。

感情の影響を受けた内臓を【チネイザン・腹部マッサージ】で解していくと、感情がデトックスされて、内臓が働きやすくなり、良質な血液が作られやすくなります。

さらに、消化・吸収の要である消化器系の働きを助け、ガスや便の排出を促していくための直接的なフォローを行います。

また、内臓の働きを高めるためのアプローチとして、ドーシャ(身体のエネルギー)や気血水の過不足の調整、風邪・湿邪・寒邪などの邪気を払うなど、その時の必要に応じてはりきゅう治療で調整します。

step4 デトックスの準備
 

究極のデトックスを行うためには、『体内毒素を含む血液そのものをデトックスすること』『血液の質を低下させない身体に整えること』この双方の条件が揃うことが成功の秘訣といえます。

なぜ血液は汚れていくのでしょうか?

アーユルヴェーダでは、食べたものを消化して最初に作られるのが血液だと考えられていて、もしも、消化する力が弱い場合は食べたものは吸収も排泄もされずに、未消化のまま体内毒素(アーマ)となって蓄積されてしまいます。

その体内毒素(アーマ)が溜って腸から血管へと漏れ出すと、血流に乗って流れた先々でアーマが血管内に詰まりこみ、そこで炎症を起こして『微小血栓』となり循環をストップさせてしまいます。

すると、内臓や筋肉などからだの組織に栄養素と酸素が行き渡らず、老廃物も排出されなくなり、正常な働きができない状態に陥る。

この血液状態のことを東洋医学では『瘀血(おけつ)』といいます。

私たちは血液が循環することで生命を維持しているため、その流れが滞った状態は「万病の元」となるのです。

体内毒素(アーマ)を含む瘀血は「油性」の性質のため、アーユルヴェーダではオイルで溶かし出して体内をクリーニングする手法があります。

当院では、アーユルヴェーダ療法のオイルマッサージと、中国医学の「刮痧(かっさ)療法」を組み合わせた【アーユルヴェーダ式オイルマッサージ】で血液デトックスの前処置を行います。

step5 血液のデトックス
 

【アーユルヴェーダ式オイルマッサージ】によってデトックスの準備が整った後、いよいよ【カッピング刺絡治療】を行います。

【カッピング刺絡治療】とは、体内毒素(アーマ)を含む瘀血を体外デトックスするためのテクニック。

吸い玉で吸い上げるだけのカッピングではなく、カッピングと針治療の刺絡治療を併用した【カッピング刺絡治療】は、アーユルヴェーダでいうラクタモクシャナです。

今の世の中は、血管内皮細胞の炎症による血栓=瘀血になりやすい生活環境にあります。

瘀血のある血管の中は、まるで自浄作用を失った溜池のような状態で、カビ・バクテリア・ウイルスなどが増殖して感染症のリスク上昇の要因となります。

また、脳梗塞や心筋梗塞、ガンや肉腫など腫瘍の恐れを防いでいくためにも、血栓への対策を強くお勧めします。

【カッピング刺絡治療】による血液デトックスのアプローチは、症状改善だけでなく命を守るためのケアともいえるでしょう。

ten-step6 浄化した血液を巡らせる
 

浄化された血液を身体の隅々に巡らせるために必要なのは「氣の働き」です。

血液循環に大切な心臓のポンプも、「氣持ち」が緊張したりリラックスする時で心拍数が変わるように、「氣」というのは循環を左右する大切な役目があります。

その「氣」を心地良く循環させるための働きかけが【波動療法】です。

 

顕在意識では自分の気持ちに問題を感じられなくても、無意識下では怒りや恐怖を感じている場合、知らないうちに「氣」の働きが乱れています。

東洋医学のはりきゅう治療での氣のアプローチと異なるのは、【波動療法】は顕在意識だけでなく「無意識下の氣」まで調整するところ。

【波動療法】で氣の巡りが良くなることで、浄化された血液が全身に行き届くようになり、また、瘀血が生じにくくなるのです。

身体+脳機能+血液+波動、これらすべてを理想的に包括したメンテナンスは他にあるでしょうか?

Ten治療院は唯一無二のメソッドを確立しています。

PAGE TOP