生きづらさから救ってほしかった・身体も心も存在すること自体が苦しかった

自律神経失調症のアーユルヴェーダ・針治療は、愛知県名古屋市千種区覚王山のTen治療院

ご相談内容:生きづらさから救ってほしかった・身体も心も存在すること自体が苦しかった

 

〇お名前 S.F様

〇ご年齢 39歳

 

10年前から自律神経失調症になり休職を繰り返しながら他院針灸、自己啓発、心療内科等思いつくあらゆるものを試しましたが効果はありませんでした。

 

自分では10年前に最愛の父を亡くした〝悲しみ〟を対処しきれていないのだと思っていました。

 

昨年身体が全く動かなくなり離職、パニックで外出もできず不眠、呼吸困難、自殺願望など生き地獄の毎日の中で藁もすがる思いで来院しました。

 

波動測定により私の根本の原因はトラウマや恐れからきており父の死は気づくためのきっかけだったと理解ができました。

 

小川先生の施術は別次元のもので味わったことのない幸福感を全身で感じ、そしてそれ以上に温かなカウンセリングは毎回、安心感と開放感が湧き上がりました。

 

うまれて初めて感じる感情でした。先生が乱れた気を整えてくださったことにより原因となっていたトラウマや心の様々な問題から解放され同時に身体も心も回復し、今では細胞まで新しく変わった実感があり毎日穏やかに生活することができています。

 

小川先生いつも真摯に向き合って下さり本当にありがとうございました。

 

ブログでも掲載させていただいております

PAGE TOP